按針亭
新設 : 2012-10-30
更新 : 2016-03-18

望湖楼の酔書
作 : 蘇  軾
吟 : 臼井岳琇

(ぼう)()(ろう)(すい)(しょ)

蘇  軾

黒雲(こくうん)(すみ)(ひるがえ)して(いま)(やま)(さえぎ)らず

(はく)()(たま)(おど)らせて(みだ)れて(ふね)()

()()(かぜ)()たって(たちま)()(さん)

(ぼう)()(ろう)()(みず)(てん)(ごと)



      望湖樓の醉書
           
   黒 雲 翻 墨 未 遮 山

   白 雨 跳 珠 亂 入 船

   巻 地 風 來 忽 吹 散

   望 湖 樓 下 水 如 天


【通釈】
黒雲が墨をまいたかのように広がり、その雲が山をまだおおいつくさぬうちに、雨は真珠を跳らせるかのように、ばらばらと船に降りそそいできた。すると今度は風がすさまじいいきおいで吹きつけ、忽ちすべてを吹き払ってしまった。そして望湖楼の下には、湖水がまるで青空のように静かに澄みわたっている。
【出所】
普及版吟詠教本
漢詩篇(三)139頁


をクリックすると、mp3ファイル(370KB)を読込ん後に、再生します